1. カレーCloverに潜入!ランチもディナーもカレーが食べたくなる南堀江のお店

食べ物食べ物

カレーCloverに潜入! ランチもディナーもカレーが食べたくなる南堀江のお店

2015.08.13 UP

カレーCloverに潜入! ランチもディナーもカレーが食べたくなる南堀江のお店

Tags
  • シェア
  • ツイート
  • はてなブックマークに追加
  • LINE

長堀通となにわ筋の交差点を南下して、道頓堀の手前まで。立花通りの華やいだ雰囲気が少し落ち着き、街路樹の緑が目立ち始めるあたりに今回のお店「Clover」があります。

 

北堀江と比べるとカレー屋さんの数の少ない南堀江。そんなエリアでカレーを語る上では忘れれることのデキない名店。今回はそんな「Clover」の魅力に迫ってみたいと思います!

 

名物は牛すじカレー! 48時間煮込んだカレーは唸るほどウマい!

Cloverの名物の牛すじカレー

Cloverの名物、48時間煮込んだ牛すじをたっぷり使った牛すじカレー。ランチタイムにはサラダもついて、これで550円とリーズナブル。

おしゃれな盛り付けとは裏腹に、パンチの効いた濃厚さがたまらない一品だ。ほろほろに溶けた牛すじの存在感もばっちり。各種トッピングの注文できて、ネギやらっきょう、福神漬は卓に備え付けで無料なのも嬉しいポイント。これだけでも十分人気のCloverですが、これだけではありません。このお店は非常に多彩なメニュー展開でファンを飽きさせません。

同じカレーがまったく別の味になる「カレーつけ麺」

カレーつけ麺

では、この牛すじカレーにご飯ではなく「細麺」を合わせてみたら?カレーうどんはお馴染みですが、「カレーつけ麺」を試したことはありますか?同じカレーなのですが、全く別の食べ物と断言してよいでしょう。こちらも上記の「牛スジカレー」と同じく550円。

 

カレーのルーにつけた麺

絡めたルーはあくまでも濃厚。それでいて麺はつるっとした食感で食べやすく、冷水で締めてあるのでひんやり。「暑い日こそ、美味しいものを食べて元気を出したい」、そんなときにはこれ。麺がなくなったら、残ったカレーはスープ割り・ご飯割りで。1度で2度美味しいお得なメニューです。

カツ丼カレー

カツ丼カレー

さらにさらに「カレーカツ丼」なんて夢のメニューがあります。

カラッと揚がったジューシーなチキンカツに、ふんわり半熟卵。ボリューミーな見た目どおり、がつんとインパクトのあるカツ丼カレー。「午後からもうひと頑張りしたい」、そんな日のランチには、迷わずこれ。大きく口を開けて、カツとカレーとご飯を一緒に頬張れば、なんだって上手くやれるに違いないですね。カロリーなんて気にしている場合ではないです。

 

他にも変わったメニューが多数!

堀江カレーCloverの看板

本記事で紹介するメニューは残念ながら上にあげた3つだけですが、他にもたくさん特徴的なメニューが展開しています。なかなか制覇するのは難しいかもしれませんが、焦らずにゆっくりと通い続けてください。飽きないどころかさらなる発見が期待できる奥深いカレー屋さんです。

目印はオレンジの四つ葉のクローバーが描かれたポップな看板。ランチからディナーまで、そしてその後の時間まで楽しめるKitchen&Bar です。

 

Clover の中にlove がある!

堀江カレーCloverの店主の竹本浩章さん

Cloverという名前は、好きな漫画に登場する喫茶店からだそう。並べたアルファベットのなかに「Love」という単語があることを見つけ、今ではそれがお店の主軸となるコンセプトになっているそうです。自慢のカレーへの愛、堀江への愛、そして堀江が好きな人への愛を発信する場所がここCloverです。「堀江の人たちが集まる憩いの場所にしたい」という竹本さんの思いが、Cloverには込められています。

 

Clover店内に飾られたユニフォーム

店内の壁には、そこかしこにポスターやサッカー選手のユニフォームが飾られていて、カウンター横のテレビもスポーツの試合を映しています。

カウンター席に座ってテレビを見ながら、カレーやお酒を楽しんだり。もしかしたら隣のお客さんと気が合うかもしれない。その時は存分に語り合ってもらいたい――。店内の配置やレイアウトには、とにかく自由な時間の過ごし方をして欲しいというオーナー竹本さんのこのような想いが張り巡らされています。

Cloverのカウンター

ときにはここで、出会いが生まれることも。

「週に1度、『カレー合コン』をやっています。いわゆる「普通の合コン」だとちょっと参加しづらいと思ってる内気な女性でも、カレー屋で開催となると気軽に参加しやすいみたいです。意外にも男性よりむしろ女性に人気の企画です」と竹本さんは語ります。なんとそのカレー合コンがきっかけで結婚した人まで居るんだとか!

カレーとお酒のちょっと異色な取り合わせと、カジュアルでフレンドリーな店主の人柄で人を惹きつけてやまない「Clover」。おしゃれなだけじゃない、堀江の下町っぽさを感じながら絶品のカレーを頬張れるのはここだけですよ!

 

 

取材協力:竹本浩章 様(インタビュー・写真)
Writer:山根圭晶
Photographer:中島藍

 

堀江のカレー店をもっと知りたいという方は、「スパイスの刺激で身体ポカポカ!大注目の堀江カレーまとめ」もご一緒にご確認ください!

 

Clover

住所 大阪市西区南堀江2-3-24-103
TEL 090-8570-0784
営業時間 (ランチ)12:00~15:00
(ディナー)18:00~24:00
定休日 Lunch:日曜日 Dinner:木曜日
URL http://urx.blue/BUKY
  • シェア
  • ツイート
  • はてなブックマークに追加
  • LINE

ジャンルから探す

シチュエーションから探す

よく読まれている記事よく読まれている記事