1. 魅惑のスパイス料理を探求!ランチやディナーにも人気の高い北堀江のカレー屋さ…

食べ物食べ物

魅惑のスパイス料理を探求!ランチやディナーにも人気の高い北堀江のカレー屋さんWarung (ワルン)の魅力とは?

2016.12.09 UP

魅惑のスパイス料理を探求!ランチやディナーにも人気の高い北堀江のカレー屋さんWarung (ワルン)の魅力とは?

Tags
  • シェア
  • ツイート
  • はてなブックマークに追加
  • LINE

堀江、あみだ池公園の向かいにある、LIFE LABO BLD.(ライフラボ・ビル)。
今回取材に訪れたのは、ライフラボ・ビルの1階にお店を構える「Curry&Café Warungカリーアンドカフェ ワルン)」。

Curry&Café Warungの外観

ドイツで6年間生活した後に割烹で修行したという一風変わった経歴を持つオーナーが手がけるのは和風ダシ×スパイス。

キーマ、チキン、カツの他、変幻自在な日替わりカレーを揃えるラインナップ。スパイスの刺激と和風ダシの旨味が一体となった味わいは、カレー激戦区「大阪」の中でも、注目を集めています。そんなワルンの魅力をもっと掘り下げるべく、今回直接お話を伺ってきました。

 

スパイスの香りとアートで作る、居心地の良い空間

沢山のステッカーを貼った壁

ワルンをモチーフにしたアート

店内は、ワルンをモチーフにしたアートが飾られていたり、ステッカーが貼られたり、雑貨屋さんのようなオシャレな雰囲気。

ランプシェード

ランプシェードなど、細部の見え方にも一工夫。
オシャレだけどトゲのない、居心地の良い空間です。

ワルン店主の小野裕亮さん

ワルン店主の小野裕亮さん。
19歳からの6年間をドイツで過ごし、帰国後は地元愛媛の割烹で働いていたという経歴の持ち主です。そんなワルンのカレーとはどのようなものなのでしょうか?
独自の味わいを作るために、どのような工夫を凝らしているのでしょうか?

 

超繊細!気候、状況によって変わるスパイスの味わい

ワルンロゴが目立つキッチンに並ぶスパイス

▲キッチンに並ぶスパイスの一部。それぞれのビンにはワルンロゴ「W」が

ワルンのカレーは、小麦粉を使わずに、和だしにスパイスで作る、サラサラのスパイスカレー。コリアンダーとクミンをベースに、十数種類のスパイスを調合していくのが特徴。

定番のチキンカレーには約17種類、キーマカレーには約13種類のスパイスを加え、ルウを仕上げているとのこと。調合に関しては、決まったレシピはありつつも、少しずつ変化させているといいます。

レシピを見ているワルン店主の小野さん

▲レシピ、スパイスの調合を確認する小野さん。

その日の温度や湿度、スパイスを火に入れるタイミング、火にかける時間など――どんな些細なことでもスパイスの味は変わってしまいます。だからレシピに沿って作っても毎回まったく同じ味になるとは限らないんです。なので、毎日スパイスの量を微調整しながら、味を整えていくというイメージですね

スパイスを持った手

冬場は、少しでもお客さんが身体を温めることができるように、ドライジンジャーや生のショウガを加えるなど、季節に合わせて調合すると小野さん。ちょっとした心配りや工夫が、ワルンカレーの魅力のひとつです。

 

カレーが美味いは当たり前!魅力的なエスニック料理の世界

チキンとキーマのあいがけカレー

こちらがワルンの定番。ランチ・ディナー共に人気の高い「チキンとキーマのあいがけカレー」。

鶏肉の中でも歯ごたえのいい、せせりとぼんじりを利用しています。キーマも鶏肉のひき肉を利用。ご飯はインドで使われているバスマティライスとジャポニカ米を混ぜて炊いたターメリックライスです。箸休めに大根のピクルス、食感と香りのアクセントに赤玉ねぎとパクチーをちらしています

チキン、キーマそれぞれを楽しんでから、少しずつ混ぜて味わってみるのもおすすめと小野さん。じっくりとルウを吸い込んだターメリックライスと肉の旨味、野菜の食感がたまらないワルンの定番メニューです。

バスマティライスとは、インドではポピュラーなお米。独特の香りがルウとの相性抜群ですが、少しクセが強いため、ワルンではジャポニカ米と混ぜて日本人にも合う味に仕上げているとのこと。

ルウだけでなく、具材、お米にもこだわった自慢の一品。ワルンにはじめて訪れた方には、まずは試して欲しいメニューです。

チキン65

続いては、ディナータイムのサイドメニュー「チキン65」。インドではポピュラーなファーストフードで、スナック感覚で食べられているもの。

 

鶏を揚げたものをココナッツオイルで炒めて、そこに14種類のスパイスとケチャップを。そしてさらに隠し味としてマニス(インドネシアの甘いケチャップ)が加わっています。

 

スパイスの刺激とトマトの酸味、マニスソースのコクと甘みが上手く調和しています。ビールはもちろん、ワインやカクテルなどさまざまなお酒に合う一品。お酒のお供にぜひ試してほしいメニューです。なお「チキン65という名前の」その由来は「65種類のスパイスを使う」「65通りの作り方がある」「あるお店の65番目のメニューだった」などなど諸説あるそう。

 

ガッツリカレーからスパイス料理と楽しむチョイ飲みまで

ワルン店主の小野さん

「チキン65」のようなサイドメニューは、最近スタートしたというワルンの新スタイル。

カレーだけを食べに来るお客さんがほとんどの現状から一歩踏み出して、お酒も楽しめる場所を作りたいという思いから加わった新メニューです。スパイスを駆使したエスニック風のおつまみでお酒を飲むのも楽しいものです。ゴハンだけでなくとも、もっと気軽に足を運んで欲しいというお店の新しいコンセプトが詰まったおつまみです。

 

また、これからの季節にお店がオススメするのは期間限定の鍋メニュー。小野さんオリジナルの「山盛りパクチーとラム肉のしゃぶしゃぶ」は、ナンプラーとゴマベースのタレで味わう、エスニック好きにはたまらない一品です。

山盛りパクチーとラム肉のしゃぶしゃぶ

▲山盛りパクチーとラム肉のしゃぶしゃぶ

ベトナム料理の「フォー」で〆るコースは満足度100%。
忘年会・新年会で試してみたい、今イチオシのコースメニュー。今後もエスニック料理のエッセンスを加えた色々なメニューを開発していきたいと小野さん。

スパイスカレーはもちろん、サイドメニューや鍋料理まで、エスニックが効いた刺激的なグルメを味わいたいという方は、この冬ワルンに訪れてみてはいかがでしょうか?

取材協力 小野裕亮様
文・写真 児島宏明

 

 

何種類ものスパイスを混ぜたカレーがたくさん!
もっと堀江のカレー屋さんを知りたいという方は、「スパイスの刺激で身体ポカポカ!大注目の堀江カレーまとめ」もご一緒にご確認ください!

 

Curry&Café Warung

住所 大阪府大阪市西区北堀江3−4−17 LIFE LABO BLD.
TEL 06-6533-1919
営業時間 [火~土] ランチ11:30~16:30 (16:30L.O)
ディナー18:30~22:00(21:30L.O)
[日] 11:30~17:00
定休日 月曜日
URL http://lifelabobld.com/
  • シェア
  • ツイート
  • はてなブックマークに追加
  • LINE

ジャンルから探す

シチュエーションから探す

よく読まれている記事よく読まれている記事