1. 店主がワンちゃん!?乙女心をくすぐるアイテムと空間「マ・シェールコゼット?…

ファッションファッション

店主がワンちゃん!?乙女心をくすぐるアイテムと空間「マ・シェールコゼット?南堀江本店 」の魅力とは?

2017.01.06 UP

店主がワンちゃん!?乙女心をくすぐるアイテムと空間「マ・シェールコゼット?南堀江本店 」の魅力とは?

Tags
  • シェア
  • ツイート
  • はてなブックマークに追加
  • LINE

他人にとってはいらないものでも、自分にとってはかけがえのないもの
そんなブランドテーマを掲げ、アパレル雑貨を取り扱うma chére Cosette?(マ・シェールコゼット?)。

マ・シェールコゼット?のスタッフと看板犬のピンキー

▲店長の塩田さつきさんと看板犬のピンキー。

マ・シェールコゼット?の看板犬チェルシーとスタッフ

▲同じく看板犬のチェルシーとネイリスト兼販売員として活躍する藤原由美子さん。

チワワのピンキーとチェルシーは、藤原さんのワンちゃん。
この他ニコちゃんとチーズを合わせた、合計4匹のワンちゃんが店舗の奥にある事務所にいるといいます。

以前総選挙を行い、一番人気だったチーズが南堀江店の店長に。
マ・シェールコゼット?の看板犬チーズ

▲現店長のチーズ、こちらは総選挙で撮影した写真

マ・シェールコゼット?の看板犬ニコ

▲ニコ こちらも総選挙の写真

 

塩田さんは代理店長。
ちなみに前店長はピンキーで、現在は会長を勤めているとのこと。

店内にはネイルサロンも併設されており、ファッション以外にも魅力がたっぷり。
今回は、塩田さつきさんとネイリストの藤原由美子さんにインタビュー。

マ・シェールコゼット?の魅力に迫ります。


はじまりは北堀江のマンションの一室から

マ・シェールコゼット?の外観

マ・シェールコゼット?は、東京と大阪を中心に13店舗を展開。
最近では、パリの展示会に参加したり、ロスのセレクトショップで取扱をスタートしたり、活動の場を国外に広めています。

そんなマ・シェールコゼット?のはじまりは、ここ堀江。
北堀江のマンションの一室からスタートしました。

マ・シェールコゼット?店内の様子

▲アクセサリーを中心に、乙女心をくすぐるアイテムが揃う店内

運営母体となる「株式会社Histoire(イストワ―ル)」は、フランス語で「~の物語」という意味。
全ての人が、共に幸福のもの語りの主人公になるために」という理念の下、物語が込められたモノづくりが特長です。

運営するブランドは
マ・シェールコゼット?」「イストワール」「LA CITTA BIANCA(ラチッタビアンカ)」「U(ユー)」の4つ。

まずは、マ・シェールコゼット?で展開する、ブランド・アイテムの魅力についてお二人にお伺いしました。


乙女心をくすぐるブランドとアイテム

マ・シェールコゼット?で販売されているアクセサリー

南堀江本店でもっとも多く取り扱っているのが、マ・シェールコゼット?。
さまざまなアイテムを取り扱っていますが、特に人気なのが以下の2つ。

シャクジュール

▲Chaque jour(シャクジュール)。フランス語で日々という意味。

ブレスレットとピンキーリング

▲誕生石カラーのブレスレットとピンキーリング

シャクジュールは、1から31までのナンバーをモチーフにしたネックレス。
大切な記念日を身につける」というコンセプトで、記念日のギフトにおすすめと塩田さん。

ブレスレットとピンキーリングのセットは、1月から12月までの誕生石カラーでコーディネートされており、他のアクセサリーでも展開中。

続いて、社名でもあるイストワールのアイテム。

イストワールのリングをした指

▲イストワールのリング「Je touché du bois(ジュトゥッシュドゥボア)」

イストワールのバングル

▲イストワールのバングル「Irise(イリゼ)」

ジュトゥッシュドゥボアは木に触るという意味のフランス語。
幸運なときに幸せが逃げないように木に触る」というフランスの習慣をモチーフにしているといいます。

Irise(イリゼ)は、フランス語で虹色に輝くという意味をあらわす言葉。
無色透明な7つのクリスタルストーンを閉じ込め「あなたの想う七色をつけてほしい」という想いをこめているとのこと。

LA CITTA BIANCA(ラ チッタ ビアンカ)のフェイクファーレザー四角バッグ

▲「LA CITTA BIANCA(ラ チッタ ビアンカ)」のフェイクファーレザー四角バッグ

続いて、イストワールのデザイナーが二人で立ち上げたブランド、ラ チッタ ビアンカ。デザイナー2人が感じる「素敵」をひとつひとつ創り上げ、一つの街を作っていきたいという想いが込められています。ブランドアイコンのデイジーは、イタリアの国花としても知られています。

デイジーの花言葉「乙女の無邪気」を感じさせる、甘く儚いデザインが魅力。
もこもこファー×レザーの組み合わせが個性的なバッグです。

U(ユー)のトートバッグ

▲U(ユー)のトートバッグ。レイユール(写真は秋冬に人気のベロア素材のレイユール)

U(ユー)は、デザイナーYuko Ohashi(ユウコオオハシ)のブランド。
大人の女性を最も美しく見せる色」をテーマに、ヘアアクセサリーやバッグなどさまざまなアイテムを提案しています。

こちらは、グログランと呼ばれる織物を使ったリボンと縞模様が素敵なトートバッグ。
カラーバリエーションが豊富で、幅広い年齢層の方々におすすめです。

南堀江本店では、上記4ブランドに合わせてネイルサロンも展開。

マ・シェールコゼット?のスタッフが担当したネイルのサンプル

▲藤原さんが担当するネイルのサンプル。ブランドとのコラボで、同じ柄のネイルを作ることもあるとのこと。

マ・シェールコゼット?のトーンに合わせつつ、藤原さんの感性を盛り込んだデザインは大好評。
バリエーション豊かなアクセサリーやファッションだけでなく、マ・シェールコゼット?の雰囲気をたっぷり吸い込んだネイルを楽しむことができます。


女の子の「可愛い」が詰まった空間

マ・シェールコゼット?のアイテムが並ぶ店内

アクセサリーを中心に、バッグや服など、さまざまなアイテムが揃う店内。
そんなマ・シェールコゼット?を「可愛いが詰まった空間」と藤原さん。

マ・シェールコゼット?の女性スタッフ

はじめてお店に来たときにも感じたことですが、ブランドもアイテムも本当に可愛い。でも可愛いだけではなくて、スタイリッシュなものであったり、クールなものであったり、いろんな好みの女性に対応できる懐の広さも兼ね備えています」。

マ・シェールコゼット?で働く女性

続いて塩田さんは「女性がときめくデザインが魅力」だといいます。

見ているだけでときめいてしまうような、素敵なデザインが魅力です。リボンを使ったアイテムがたくさんあるので、リボンが好きな方にはぜひ遊びにきてほしいですね」。

マ・シェールコゼット?の店長だったピンキー

▲こちらは元店長のピンキー

また、4匹のワンちゃんもマ・シェールコゼット?の魅力のひとつ。
社長やスタッフを含めて、犬猫が好きなスタッフさんが多く、ワンちゃん達をメインにしたイベントも今後検討中とのこと。

乙女心をくすぐる甘く儚いアイテムと可愛い4匹のワンちゃんたち。
買い物やネイルを楽しむのはもちろん
疲れた心を癒しに、マ・シェールコゼット?に遊びにきてはいかがでしょうか?



取材協力:塩田さつき様 藤原由美子様
文・写真:児島宏明




堀江のおしゃれ雑貨店の情報はこちらから!
「南堀江からオシャレ雑貨をリーズナブルに提案!ASOKOの魅力とは? 」


マ・シェールコゼット?南堀江本店

住所 大阪市西区南堀江1-14-30
TEL 06-6110-9932
営業時間 12時00~20時00
定休日
URL http://www.histoire-inc.jp/macherecosette/
  • シェア
  • ツイート
  • はてなブックマークに追加
  • LINE

ジャンルから探す

シチュエーションから探す

よく読まれている記事よく読まれている記事