1. 「着る」がもっとワクワクする!ブランド古着セレクトショップKindal堀江…

ファッションファッション

「着る」がもっとワクワクする!ブランド古着セレクトショップKindal堀江店の魅力とは?

2016.11.29 UP

「着る」がもっとワクワクする!ブランド古着セレクトショップKindal堀江店の魅力とは?

Tags
  • シェア
  • ツイート
  • はてなブックマークに追加
  • LINE

数多くのセレクトショップやブランドの路面店が立ち並ぶ、オレンジストリート。
今回取材に訪れた「カインドオル堀江店」は、そんなオレンジストリートにある、ブランド古着のセレクトショップです。

外から見たカインドオル堀江店内の様子

ガラス張り、大きく開かれた扉からは、店内のアイテムを眺めることができます。

今回は、店長の石津麻衣さん、スタッフの松野昇陽さんにインタビュー。
アイテム、コーディネート、人
3つの角度からカインドオル堀江店の魅力に迫ります!



ファッションアイテムがぎっしり!!

カインドオル堀江店内に並ぶさまざまなアイテム

店内は、主役であるファッションを引き立てるように、白で統一されたシンプルな内観。
そして、空間の隅々に並ぶアイテムの数々。

服のコーディネートのディスプレイ 高級ブランドのバッグ 有名ブランドのスニーカー

コートやレザージャケットといったアウター類
高級ブランドのバッグ、財布、アクセサリー
誰もが知っている有名ブランドのスニーカーやブーツ
など

ジャンルを越えたさまざまなアイテムが、店内にぎっしり詰まっています。

カインドオル堀江店の店長とスタッフ

▲左 スタッフ 松野昇陽さま 右 店長 石津麻衣さま

カインドオル堀江店では、常時3,000点ものアイテムを用意していると店長の石津さん。
期間限定で発売された、希少性の高いアイテムが入ってくることもあり、一点もののアイテムを求めてお店にやってくる方も多いとのこと。

さまざまなブランド、アイテムの中から、宝探しのような感覚で服選びを楽しめるのがこのお店の魅力。

その中でも、今イチオシのブランド・アイテムは何なのでしょうか?
メンズ・レディースのおすすめを、お二人に伺いました!



「着る」がもっと楽しくなるアイテムの数々!

カラフルな配色のコーディネート

▲ENFÖLD(エンフォルド) バイルモッサAラインショートコート
▲MARNI(マルニ)トートバッグ

まずはレディースから。
オレンジのコートに、グリーンとホワイトのコントラストが鮮やかなコーディネート。
カラフルな配色ながらも、どこか落ち着いた大人の雰囲気。

エンフォルドのコート

ほんのりと淡みがあり、オレンジを派手に感じさせないエンフォルドのコート。

2012年にスタートした日本のレディースブランド『エンフォルド』のアイテムです。エンフォルドはラテン語で“くるむ”という意味を持っていて、ゆったりとしたシルエットが特徴のブランド。だらしないゆったり感ではなく、抜け感を上手に表現しているので、プライベートはもちろんフォーマルでもお使いいただけると思います」。

「マルニ」のトートバッグ

色味が鮮やかなバッグは、イタリアを代表するブランド「マルニ」のトートバッグ。

ホワイト&グリーンの鮮やかなコントラストと、大きく描かれた花びらが特徴です。夏っぽいカラーですが、どこか落ち着きを感じさせるデザインで、秋冬にもマッチする不思議な魅力を持っています」。

「sacai(サカイ)」のMA-1 「sacai(サカイ)」のMA-1を着た女性

こちらは2011年に東京・南青山にオープンした「sacai(サカイ)」のMA-1。
ジップを開くと、中からジャケットが現れる遊びココロに溢れたアウター。
シンプルなMA-1スタイルとジップを開いてジャケットを見せるスタイル。
ワイルドにもキュートにも、2種類の着こなしを楽しめるアイテムです。

石津さんにご紹介いただいたアイテムは、カラーやデザインに嬉しい驚きがあるアイテムばかり。
服の個性、ファッションの楽しさが伝わってくるようなセレクトでした!

続いてメンズ。
松野さんに選んでいただいたコーディネートをご紹介します!

BALENCIAGAのダッフルコート Loeweのツーウェイバッグ

▲BALENCIAGA(バレンシアガ)のダッフルコート
▲Loewe(ロエベ) のツーウェイバッグ

黒と黒を合わせるシンプルでスマートなコーディネート
シルエットが美しいダッフルコートに、シンプルながら気品に溢れるロエベのバッグ。 パンツもブラックで統一され、スマートな印象が強調されます。

ダッフルコートを着た男性

BALENCIAGA(バレンシアガ)のダッフルコート

取外したフード

フードが取り外し可能。2つのパターンを楽しめる。

キレイなシルエットのダッフルですが、袖口が少しゆったり大きめにカットされていて、今年のトレンドであるオーバーサイズ感を演出できます。また、服から漂う高級感が、スマートでクールな雰囲気をコーディネートに与えてくれるアイテムですね」。

大きいサイズのバッグ

バッグは「Loewe(ロエベ)」。
大きめのシルエットが存在感抜群。ロエベらしい気品溢れるデザインも魅力的です。

クラッチバッグ

フロントの部分が取り外し可能で、クラッチバッグとしても利用可能。 普段はクラッチとして、旅先や出張では貴重品や小物入れとして、さまざまな場面で役立つ高い機能性も魅力のアイテム。

スペインのブランドで、ルイ・ヴィトンなどが所属するLVMHグループのブランドです。こちらはメンズですが、気品溢れるデザインが女性からも大人気なアイテムです。」。


数多くの選ばれたアイテム・ブランドは、どれも洗練されたものばかり。
ワンフロアにたくさんのブランドが密集しているからこそ、ルールに縛られずに、より柔軟な組み合わせを楽しむことができます。

さまざまなブランド・アイテムを組み合わせることで生まれるオリジナルなコーディネート。
その魅力、楽しさを、お二人のセレクト、コーディネートから強く感じました!



ファッションの魅力が凝縮する場所

ディスプレイされた服

3,000点のアイテム、何百種類にも及ぶブランド。
国内外のブランドが集結するカインドオル堀江店は、ファッションの魅力が凝縮した場所です。
また、取り扱うブランド・アイテムの数が多いからこそ、このお店に訪れるお客さんの層はさまざま。
そんな中で、タイプの違う方々にファッションの楽しさを伝えることに喜びを感じるようになったとお二人。

カインドオル堀江店の店長 カインドオル堀江店の男性スタッフ

さまざまなニーズを持ったお客さんが来店されるので、お客さんの求めていることをしっかり汲み取ることが大切です。趣味嗜好はもちろん、どういうシーンで使うことを想定しているのか?など、話をしながら求められているモノが何かをイメージしていきます。お客さんに合わせて最適なコーディネート、アイテムを提案することが、この仕事の難しいところであり、また魅力でもあります」。

また、店長の石津さんによると、服が好きな堀江のお客さんに合わせて、少しクセの強い個性的なアイテムやトレンドを踏まえたアイテムなど、この土地ならではのセレクトを意識しているとのこと。

自身のファッションに飽きてきた……
新しい洋服の楽しみ方を知りたい!!
という方は、一度カインドオル堀江店に訪れてみてはいかがでしょうか?

さまざまなブランド・アイテムを、同じ板の上で、選び、組み合わせることができるこの場所で、 より柔軟で自由なファッションを体感しましょう!



取材協力:石津麻衣さま 松野昇陽さま 
文・写真:児島宏明

Kindal堀江店

住所 大阪市西区南堀江1丁目24−10
TEL 06-6533-1919
営業時間 11:00~20:00
定休日 なし
URL http://www.kind.co.jp/horie/
  • シェア
  • ツイート
  • はてなブックマークに追加
  • LINE

ジャンルから探す

シチュエーションから探す

よく読まれている記事よく読まれている記事